手話 手話技能検定

MENU

脱毛器

手話との出会い

手話というものを知ったのは小さな子供の頃だったと思いますが、深く興味を持ったのは「愛していると言ってくれ」というテレビドラマでした。

 

←主演は豊川悦司さんと常盤貴子さん。

 

耳の聞こえない画家の晃次(こうじ)女優を目指す紘子(ひろこ)の切ないラブストーリーです。

 

偶然出会った晃次に一目惚れした紘子は、話しかけたい一身で懸命に手話を覚えます。

 

しかし、小さい頃母親に捨てられた過去を持つ晃司は、実の妹にさえ心を開きません。

 

そんな晃次をまっすぐに愛する紘子。彼女のひたむきな姿がとても切なかった・・・

 

ドラマには多いに感動した私ですが、すぐに手話を学び始めることはなく、そのまま月日は流れていきました。

 

ところが現実に手話に接する機会が突然やってきたのです。

 

会社で突然

 

朝いつも通り出勤した私は、上司に呼ばれました。

 

「わが社は障害者雇用を始めます。そこで突然ですが来週から聴覚障害者の方が入社します。
電話とか接客はできないからmihoさん(私のことです) 仕事を教えてあげてくださいね。」

 

私の担当はDTPデザインで、ほとんど一日中パソコンに向かっています。電話に出たり、来客の応対をすることは少ないので聴覚障害者でも働きやすいかもしれません。

 

でもあまりにも突然のことでびっくりしました。

 

私 :「えっ??」
上司:「たいへんだろうけど、お願いしますね。」
私 :「その人は全然聞こえないんですか?」
上司:「そうみたいです。」
私 :「その人自身はしゃべれるんですか?」
上司:「なんとなくは発声していますが、聞き取りにくいです。」
私 :「仕事を教えるのは筆談か手話ってことですか?」
上司:「まあ、そうなりますね。。。」

 

こんなやりとりだったと記憶しています。これが2000年8月のことでした。

 

もともと手話に興味があった私ですが、本格的に学ぶことができたのは必要に迫られてのことでした。

 

次のページ>手話の勉強法 その1